足柄上地区休日急患診療所

アクセス

住所 神奈川県足柄上郡開成町吉田島580
電話 0465-83-1800

足柄上地区休日急患診療所長あいさつ

足柄上医師会は休日急患診療所を開設しており、休日(日曜日、祝日、年末年始)に急病になられた方の初期治療と応急処置を行っています。
足柄上医師会に所属する医師が交代で、主に内科、小児科の診療を行っています。外科的処置が必要な場合は、お電話でお問い合わせください。
不幸にして重い病気で入院が必要な方には、近隣の救急病院等をご紹介させて頂く事がありますのでご了承ください。
足柄上地区1市5町以外にお住まいの方もご利用頂けます。どうぞお気軽にご利用下さい。

足柄上地区休日急患診療所所長 堀内 俊満

足柄上地区休日急患診療所からのお知らせ

ただいま登録されている情報はありません。

休日診療所を利用される時に

足柄上地区休日急患診療所は、毎週の日曜日・祝祭日と年末は12月30日から正月3日までの5日間に診療を行います。
診療時間は午前9時30分から午後4時30分までです。当診療所では夜間診療は行っておりません。小田原休日診療所 では、準夜間診療を毎日午後7時30分から午後10時まで行なっておりますので、急病の時にご利用下さい。
足柄上地区休日急患診療所は、小児科と内科を主に診療していますが、外科系の医師が担当する日もありますので、外科的な 病気でお困りの時には、電話等でご連絡下さい。
足柄上地区休日急患診療所:電話0465-83-1800

診療所からのお願い

受診の時には必ず保険証を持参して下さい。老人医療受給者証をお持ちの方は、必ず一緒に持参して下さい。
保険証等の提示がない場合には自費診療となりますので、この点を特にご注意下さい。

薬局より(薬の相互作用) 

二つ以上の薬を同時に服用した時に、それぞれの薬の作用が強く現れたり、作用を弱めたり、また、一つの薬では 見られない作用が現れたりすることがあります。
たとえば、ある種の糖尿病用薬と、カゼや歯痛のときによく用いられるアスピリンを一緒に飲むと、糖尿病の薬が効きすぎて低血糖を起こしてしまうことがあります。
また、ある種の胃薬とぜん息の薬であるテオフィリンを同時に服用すると、テオフィリンの作用が強く出すぎて、頭痛、悪心、吐き気が現れることがあります。
また、相互作用は体にも害をもたらすだけでなく、治療に利用されることもあります。
たとえば、 高血圧症で一つの降圧剤だけでは、うまく血圧コントロールができない場合には、別の薬を追加して、降圧効果を高めることがあります。
医師と薬剤師はそれぞれの立場から、医学、薬学的な相互作用の情報を収集し、患者さんの飲む薬をチェックして、安全に使われるように協力しています。複数の医師の診療を受けている時には、他の医師から処方されている薬を、又飲んでいる大衆薬があれば必ずお知らせ下さい。
足柄上地区休日急患診療所:電話0465-83-1800

お近くの医療機関を探す

神奈川県西部の南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町が検索対象となります。

詳細検索


一般社団法人 足柄上医師会

〒258-0021 神奈川県足柄上郡開成町吉田島580 TEL : 0465-83-1800