足柄上医師会の紹介

神奈川県西部の南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町の人口約11万人の地域 の医師により構成されています。
地域の面積は横浜市とほぼ同じで、多くが山林で工場・商業地域・住宅地・田畑が混在し、都市近郊農業地域の型となっています。

会員数 93名
医療機関数 64

役員名簿

(2017年7月 現在)
会長 飛彈 康則
副会長 武尾 宏(訪問看護・母子保健)
加藤 佳央(災害救急・医療連携)
理事 堀内 俊満(公衆衛生・休日診療所・保育園医)
金原 一弘(在宅医療介護連携支援センター・地域保健)
大内 英樹(学術・医療従事者)
石川 清一(健保・学校医・産業医)
大熊 正彦(財務・スポーツ医・三師会)
熊澤 智子(広報・福利厚生)
小泉 健一(庶務・医療情報)
牧田 浩行(病院部会・勤務医・医療セミナー)
監事 武田 啓介
井上 育夫
江成 健一

足柄上医師会のあゆみ

1908年 明治41年 「足柄上医師会」として発足 会員17名
1947年 昭和22年 「社団法人足柄上郡医師会」として再出発 会員34名
1953年 昭和28年 学術研究会発足
1971年 昭和46年 保険医総辞退で会員間に紛争
1972年 昭和47年 名称を現在の「社団法人足柄上医師会」とするこの頃より医師会としての組織的活動を開始
1978年 昭和53年 第1回保険医療セミナー開催
その後在宅輪番による休日急患診療、足柄上臨床研究会
丹沢湖マラソン救護活動、糖尿病週間行事開始
1982年 昭和57年 足柄上地区休日急患診療所開設

その施設内に医師会事務所を移設
一般住民向け講演会「わかりやすい医学講話」
各種がん検診発足
1983年 昭和59年 つつがむし病対策開始
1987年 昭和62年 会員間のファックス網整備、リハビリシステム推進事業
循環器研究会、スポーツ医学研究会発足
1992年 平成4年 創立45周年事業 会員数59名
パソコン導入
1995年 平成7年 足柄上地区医療連携推進事業開始
1997年 平成9年 ホームページ開設
インターネット網の整備開始

足柄上医師会の地域に対する活動

足柄上医師会は皆様の健康管理、地域医療の向上のために、次のような事業を行っております。
  1. 足柄上地区休日診療所の運営
  2. 訪問看護ステーションの運営
  3. 学術講演会:わかりやすい医学講話開催
  4. 保健医療セミナー開催
  5. がん健診事業:肺がん、胃がん、大腸がん
  6. 予防接種
  7. ツツガムシ病対策
  8. 丹沢湖マラソン協力
  9. 感染症サーベイランスとその情報の提供
  10. ホームページ上での医療サービス

お近くの医療機関を探す

神奈川県西部の南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町が検索対象となります。

詳細検索


一般社団法人 足柄上医師会

〒258-0021 神奈川県足柄上郡開成町吉田島580 TEL : 0465-83-1800